プロペシア 保険

プロペシアは保険でカバーできるか

男性型脱毛症の人の大きな味方となってくれるのがプロペシアです。

 

プロペシアは前立腺肥大症の薬でしたが、多毛症などの副作用がでたため、その成分がAGAの治療薬として認可されたということになります。

 

プロペシアにおいて重要なのは、治療薬という立場になります。

 

医薬品ですので、基本的には処方をしてもらうということになりますし、医師の診察も必要になります。

 

個人で購入する場合は、個人輸入などでないと買うことができません。

 

ではそこまで制約があるのならば、健康保険は適応されるのかな?

 

と思いきや残念ながらプロペシアは健康保険は適応されないのです。

 

そのため、すべて自費になります。

 

初診料、再診料、薬代、すべて負担をしなければなりません。

 

その分逆に保険証をもっていく必要はありません。

 

病院で個人情報が漏れるということはないかと思いますが、あまりそういった情報をだしたくない場所であるということは言えるかと思いますので、それがせめてものメリットといえるでしょう。

 

プロペシアに保険が効かない理由については明確ではありません。

 

ですが、命にかかわる病気ではないというのが、一番の理由といえるのではないでしょうか。

 

では保険がきかないプロペシアはどの程度費用がかかるのでしょうか。

 

病院などで違いはありますが、1万円から1万5千円の間になるといえるでしょう。

 

かなり長期にわたって飲むことが予想されるプロペシアですので、この値段は正直つらいという人もいるかと思います。

 

この値段が辛いという場合は、個人輸入あんどで購入をしていくことをおすすめします。

 

ですが、最初はできるだけ医師の診断を受けるようにしましょう。

 

AGAではなかった場合、プロペシアを飲んでも無駄になります。

 

自分がAGAであること、そしてプロペシアの注意事項など、きちんとした医師の診断、指導を受けた上で個人輸入などは利用をしていくようにして下さい。

 

>>プロペシアの正規品はこちら<<