プロペシア 併用禁忌

プロペシアの併用禁忌をチェックしておこう

AGAに悩む人は最近多いようです。

 

以前は抜け毛といった形で、漠然とまとめられてきましたが、最近は脱毛症の中でも色々と種類があるという認識ができてきたのではないでしょうか?

 

その中で、遺伝、そして男性ホルモンの変化によっておこるのがAGAになります。

 

しかしこのAGAに対しては、すでに治療薬ができているのです。

 

それがプロペシアになります。

 

プロペシアは男性ホルモン型のAGAにたいして効果を発揮することができる治療薬なのです。

 

男性ホルモンのテストステロンが変化をすることで、AGAの症状を進ませてしまうのですが、この変化を促す酵素を阻害することができるのがプロペシアの効果になります。

 

そしてこのプロペシアは半年から、1年程度の間飲み続ける必要があると言われているのです。

 

そこで長期間飲む薬となると、気になってくるのが併用禁忌になります。

 

併用禁忌というのは、あわせてのむことで良くないことが起こる組み合わせと考えてください。

 

一緒にのむことで、本来は得ることができる効果を得られなくなってしまったり、逆に効果が強すぎて身体に負担になったりすることもあります。

 

本来は軽微なはずの副作用がつよくなるといったこともあるようです。

 

プロペシアにはそういった併用禁忌の薬があるのではないか?といったことが気になる点ではないでしょうか?

 

しかしプロペシアにはそういった併用禁忌の薬はありません。

 

普通の風邪薬なども一緒に飲んでいくことができますので、安心をして使うことができます。

 

ただ注意事項としては、肝臓疾患、腎臓疾患、胃腸に持病があるといった人は自己判断では飲まないほうがよいということのようです。

 

医薬品というのはやはり内蔵に負担がかかるものです。

 

そのため、内臓になんらかの疾患がある人というのは、医師に相談をしてから飲んでいくようにしましょう。

 

>>プロペシアの正規品はこちら<<