プロペシア 薬

プロペシアの薬としての特徴

薄毛や抜け毛に効果的な薬というのはないというのがいままでの認識だったかもしれません。

 

しかしここ数年で、男性型脱毛症には治療薬ができてきたと言えるのです。

 

それがプロペシアになります。

 

もともとは前立腺肥大症の薬でしたが、その成分がAGAにたいして効果的であるということから、プロペシアという名前でAGA治療薬として販売をされるようになりました。

 

いままでの育毛剤、発毛剤などのシャンプーであったり、サプリメントなどと大きな違いは、薬であるという点です。

 

医薬品であり、治療薬であるため、いままでのサプリメントなどとは幾つかの違いがでてくることになります。

 

・入手手段が限られています

 

いままでのサプリメメントやシャンプーなどは、ドラッグストアやネットショップで購入をすることができました。

 

値段に差はあれど簡単に購入をすることができたかと思います。

 

しかしプロペシアは薬ですので処方をしてもらうのが基本になります。

 

ネットショップ、ドラッグストアでは購入ができません。

 

どうしても処方をしてもらうのがイヤと言う場合は、個人輸入になります。

 

・上限があります

 

サプリメントなども、もちろん過剰摂取はよくありません。

 

しかし薬になると、さらに厳密にまもっていかなければなりません。

 

プロペシアの場合は、1日に飲んで良いのは1錠、1mgまでとなっているのです。

 

それ以上になっても効果はよくでるようにはなりませんし、また逆に副作用のリスクがあがるだけということになるのです。

 

・飲んではいけない人がいます

 

肝疾患、腎疾患、胃腸に持病などがある人は飲んではいけません。

 

このように、プロペシアを服用していく際は、薬であるということを忘れないようにしましょう。

 

気構える必要はありませんが、薬であるということを忘れずに、用法や用量、飲んではいけない人にあてはまっていないかなどを、添付文書などで確認をしてから飲んでいくことをおすすめします。

 

>>プロペシアの正規品はこちら<<