プロペシア 添付文書

プロペシアの添付文書を確認する

プロペシアは男性型脱毛症のための治療薬となります。

医薬品となるため、サプリメントなどとは違いきちんとした取り扱いをする必要があるのです。

そういったことを記載してあるのが添付文書になりますが、あまり添付文書を読まないといった人も少なくないのではないでしょうか?

処方をしてもらう際は、医師や薬剤師の人に説明をしてもらうことになりますので、実際にあまり添付文書を必要としないこともあるかもしれません。

しかし2回目以降個人輸入などにする場合は、あらためてきちんと添付文書を確認しなければいけないといえるでしょう。

では、プロペシアの添付文書にどういったことがかいてあるのか、簡単に確認をしておきましょう。

・用法用量

用法用量というのは、どの薬の添付文書にもかいてあるでしょう。

プロペシアの場合、飲み方には具体的な指示はありません。

朝昼晩いつでもよいですし、食前でも食後でもかまいません。

しかし重要なことは摂取量の上限が1mgであるということになります。

それ以上を摂取しても効果はあがりませんし、副作用のリスクがます可能性があるというだけなのです。

・飲んではいけない人

飲んではいけない人というのも、添付文書には記載されているはずの重要事項になります。

飲んではいけない人は、女性、18歳未満の男性などになります。

医師に相談をする必要があるひとは、肝疾患や腎疾患、胃腸に持病がある人などがあげられます。

・副作用

副作用として、性欲減退や、初期脱毛などをあげることができます。

初期脱毛はかなりの人が経験をするようですが、一ヶ月程度でおさまります。

それで収まらない場合は、AGAではない可能性があるということになるようです。

また、乳がんになるといった事例があるようですが、日本ではまだ2件のみということになり、関連性もわかっていないため、副作用として捉えるという件数では無いといえるようです。

>>プロペシアの正規品はこちら<<